風俗で働くならば知っておこう!必要な心構えと準備

>

お客さんに不快感を与える臭い

夏に気になる汗の臭い

​夏場などに気になるのは汗です。
化粧は落ちてしまいますし臭いも不快で、憂鬱ですよね。

化粧は都度お化粧直しをして解決するとして、臭いの対策はみなさんどうしていますか?
汗臭いままお客さんと接するのはNGです。
制汗剤スプレーやファブリーズなどを使って不快感を与えてしまわないよう気をつけましょう。
もし余裕があるならば、着替えてしまうのも良いでしょう。

臭いは、自分が思っている以上に接する人に気づかれています。
そして、人は不快な臭いを感じると、イライラしたり気が短くなったりと精神面にマイナスの変化が生まれてしまうそうです。
お客さんをそんな気持ちにさせてはいけませんね。
見た目だけでなく、体臭にも気を配りましょう。

身だしなみとオシャレの違い

​汗の臭いをごまかそうとして、香水をつけるのはあまりおすすめしません。
万人受けするような柔らかい香のものならば良いかもしれませんが、香水の匂いは好き嫌いがありますし、香水自体も苦手という人は多くいます。
お仕事ではお洒落のための香水は控えましょう。

また、タバコの臭いにも気をつけてください。
禁煙しろとは言いませんが、お客さんと接するときのマナーとして、口臭や服についたタバコの臭いは消してから出勤すると良いですね。
香水やタバコの臭いが一番目立ちますが、お客さんは意外なところも見ています。
ハンドクリームも、あまり匂いの強いものは出勤前はつけないほうが良いですね。
身だしなみとお洒落は違うことを覚えておきましょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る